旦那と再度話し合い

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter
対話のイメージ
板橋妊活日記サムネイル
2017年5月9日 [tue]
周期アイコン5周期目/D4
体温計アイコン36.53℃
治療アイコン自然排卵タイミング指導
薬アイコン
体調アイコン鼻水・鼻づまり・くしゃみ

ちょっと良くなったと思ったのに、今日の午後から鼻風邪症状のオンパレードです。
治りかけかと思いきや、ここから悪化するのかな。
久々にガツっと風邪ひいたのでシンドイわー。

Sponsored Link

7日深夜のステップアップの話し合いを経て、正確には昨日の診察後の夜ですが、また旦那と少し話しました。
この周期も誘発は無しでいくということと、ステップアップについて先生に言われたことを伝えました。

AIHをやってみたい気持ちはなくなっていませんが、とにかく夫婦間が拗れるのが最大の危機だと判断し、次もタイミングにすると思います。
首に縄をつけてムリヤリ強行するわけにもイカンですのでね。
ここからは旦那の説得も課題になってくるのか…。手強いな…。

義母が良性の腫瘍をとる為に入院したときもそうでしたが、旦那は医療に関しては人一倍敏感のようです。私の掻爬手術に関しても細かく病院側に確認したがりました。
そんな旦那ですから、自由診療である不妊治療、ましてや高度治療をあっさり承認するとは思えません。

一度、現在の病院の不妊学級に夫婦で参加しているので、知識ゼロではありません。
でもいざ治療を進める際には、彼が具体的に理解するための説明が必要になり、理解した上で納得してもらう必要があります。
私が排卵障害を改善するために、ホルモン治療や誘発剤を投与すること、さらに自分の精液検査をすることは、比較的すぐに受入れてくれました。
でもあくまでタイミングで授かるための補助という意味で許容していたみたいです。

文字通りここからは人工的な子づくりという雰囲気が色濃くなるので、積極的な姿勢はあまり感じられません。
それでもAIHなら採精だけ協力してもらえれば何とか…、なんですが、体外となると金銭面も治療面も複雑で、きちんとした理解と協力が必要でしょう。

それを長くても1年以内にやらなければいけないのか…。これをきっかけに夫婦仲が悪くなることだけは避けたいので、何とか上手い方法を考えます。
できればAIHまでで授かりたいところですが、手段をやりきらずに諦めるという選択肢は私の中には無い!ので体外も視野に入れて頑張ります!

Sponsored Link

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ  にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ      

コメントを残す

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
 
2017年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Link

プロフィール


めり子
1979年生(2017年現在:38歳)
身長/153cm
体重/基本小太り今は中太り
仕事/デスクワークのパート
趣味/散歩と称した食べ歩き
好物/甘いモノとコーヒーと旦那
苦手/料理と面倒くさい人間関係
icon-arrow-circle-right さらに詳しくはコチラ

最近のコメント

アーカイブ