そうだ、フーナーテストをやろう

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter
検査のイメージ
板橋妊活日記サムネイル
2017年5月11日 [thu]
周期アイコン5周期目/D6
体温計アイコン37.00℃
治療アイコン自然排卵タイミング指導
薬アイコン
体調アイコン発熱・痰咳

とうとう風邪で発熱しました…。といっても見ての通り微熱で大したことないですが。
どう見ても生理終わりのD6の体温じゃないね。1周間前に見たかったわこの数字。

前回に続いて今回もリセット後の不調に振り回されていますね。気が抜けちゃうのかな?相変わらずメンタルが身体に響く性質のようです。
でも今回はただの風邪ってだけなので、それほど気にせずひたすら治り待ちです。

Sponsored Link

今日もどうしたら旦那の抵抗心をほぐして、ステップアップできるのか考えています。
彼はガチガチの理系人間なので、情に訴えたり不確定要素では心が動きませぬ。
「もう38歳なんだから次の治療に進むのが普通なんだよ」なんて生ぬるい言葉では、到底響かないでしょう。

根拠とか症例とかリスクとか、突っ込まれること間違いない。
ネットや本の情報を説明したところで、本人に該当するのか診断がなければ動かないと思います。
そのうち言いたいことがこんがらがって、私の方が凹んでしまうのがオチです。

それならステップアップするべき根拠があればいいのか!と思い至り、“フーナーテスト”をやっていなかったことを思い出しました。
まずはAIHへの検査としてフーナーはすごく有効だし、なんで早く思いつかんかったのか…。一度妊娠できちゃったもんだから、思いもつかなかった。

フーナーの結果が悪くても自然妊娠した人はいるみたいですね。なら逆にたまたま自然妊娠できたけど、実はフーナーの数字は良くないという場合もあるはず。
やるからにはいい結果に越したことはないんですが、まあ結果云々はおいといても、実際にいろいろ検査をやる!という姿勢は、下手な説明よりも彼の心を動かすのではなかろうか。

そうだ、ウジウジ考えるよりは動いちゃえ。時間ないんだ。
ということなので、次のD10の診察のときに先生に希望してみたいと思います。
「旦那が“人工”と名のつく治療に抵抗があるので、進むための材料としてやりたい」と言えばやってくれますよね。

ついでにずっと保留保留の繰り返しだった、卵管造影もこの勢いで相談してみよう。
ずっと右側からしか排卵してないっぽいんだけど、左側はどうなっているのか知りたいな。排卵しないだけじゃなくて卵管もダメな場合、確率が完全に半分だったことになりますし。

38歳・通院2年にして今更フーナーだ卵管造影だ、ちんたらしすぎなのはわかってます。そこはわかった上で、どうか笑って応援してやってくださいね。

Sponsored Link

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ  にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ

コメントを残す

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Link

プロフィール


めり子
1979年生(2017年現在:38歳)
身長/153cm
体重/基本小太り今は中太り
仕事/デスクワークのパート
趣味/散歩と称した食べ歩き
好物/甘いモノとコーヒーと旦那
苦手/料理と面倒くさい人間関係
icon-arrow-circle-right さらに詳しくはコチラ

アーカイブ